読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山林竹田更良記

思いつきを。

消えたしりとり

 図書館で勉強しようと思ったが、なんだか集中出来ずにキョロキョロ蔵書を見ていたら、二十冊以上ある大きな世界百科事典を見つけた。
 もちろん冊数もだが、何よりも面白いと思ったのが背表紙に書いてある見出しだ。普通の辞書なら「ア〜ウ」とか「コ〜サ」なのに、なんと「ア〜イム」「タイ〜ツリ」のように、二文字までのものがあり、なんと「コメソ〜サヌミ」と三文字のものまである。恐らくページ数で分けているのだろう、本の厚みが全冊同じだ。
 この時、あることに気がついた。「サ〜シ」のように続くものもあれば、「ヤ〜リ」のようにかなり離れるものもあるのだ。つまり、単語に偏りがある。世界大百科の単語に。ということは、世界の単語が全体として偏っている。お気づきだろうか?そう、しりとりには、日本語という言語であることにより生まれる、絶対的に難しい’’しり’’があるのだ。見たところ、「ら、り、る」が狙い目だ。すべてが1冊に入っている。今のうちに辞書を読み込み、語彙を増やして、次回しりとりをやった時には相手をらりるで攻めるんだ。相手はうろたえ、そしていつか言うだろう。
「ライオン!」
そうしたら満面のしたり顔でこう言ってやるのだ。
ンジャメナ」(チャドの首都)
...えっ?おかしい。しりとりが...終わらない!?いや、日本語には「ん」で始まる言葉なんてない。気のせいだろう。
 だがしかし、残念なことにこれは気のせいではない。江戸末期より続く西欧化、近代化、国際化、グローバル化の流れの中で、日本には「ン」から始まる言葉が伝わった。つまり、日本にはない文化が入ってきたのだ。それによって他の「ン」から始まる言葉がある国と同じになってしまった。これこそグローバル化、つまり世界の均一化によって消えた文化の独自性である。世界の均一化というのは、大体アメリ化と形容される。だがこれはアメリ化ではなく、アフリカの文化による日本の言語の変化、アフリ化である。
 変わりゆく時代の中で、もはや純粋なしりとりはできなくなり、我々はしりとりを新たなルールで縛ることを余儀なくされるようになってしまった。このように世界がひとつにまとまる、それによる弊害も見逃せない。自国の文化、優れたところ、さらに欠点なども他国と比較・理解し、丁寧に世界との均一化を図っていくこともまた、大切である。もちろん、一方的に西欧が良いなどとと思うのは危険である。スパイス料理大好き。
 (辞書自体の掲載内容に偏りがあるかもしれないです。)

ほうらやっぱりそうだ

 スマホで文章を記入している最中にちょっと複雑な考え事を思い出し、少し嫌になってスマホを握りしめたらいくつかのタッチした振動があり、何事かと思って画面を見ると「くぁああr」と書いてあった。どうやらスマホと心が通ったようである。
 このように、機械と心が通うというようなことは割と起こる。ウォークマンで音楽を聞いている時、曲の最後に差し掛かった時にどこからともなく脳内で別の曲のメロディーが流れて来る。すると、必ず次の曲はそれである。
 ウォークマンから何らかのテレパシーが出ているのだろうか。あるいは僕のテレパシーがウォークマンを動かすのだろうか。
 これの真偽はなんとも言えない。脳みそもウォークマンも電気で情報伝達しているから、なにか思いが通づるところがあるのかもしれない。でもそんな前例は聞いたことがないから、もしかしたら僕の超能力かもしれない。活用できたら、電子機器が発展していく未来で最強の人間になれるかもしれない。全てを自分の意のままに操れるかもしれない。
 いや、待て。まず前提からして違う。”必ず”というのは間違いである。こう思うのはまったくもって心理のせいである。思い通りに予想が的中すると「ほうらやっぱりそうだ。」と思い、それ以降はそれが起こるたびにもう必ずそうであるかのように思い込んでしまう。長い目で見れば偶然と言ってもいいほどの確率であるにもかかわらず。よって、結果を冷静に考え直す必要がある。本当にいつもそうなのか?違う結果がなぜ起こらないのか?因果関係と他からの影響を想像し総体的に判断する必要がある。
 おや、また曲を予知した。
 ほうらやっぱりそうだ。