山林竹田更良記

思いつきを。

寝る前のルーティンワーク

 だめみたいだ。毎夜毎夜死ぬことしか考えられない。意志の力で死ねればいいのに。なぜ自分で自分の生命活動を停止できないんだろう。強く思ったら、心臓が止まったり細胞分裂が終わったり痛みが消えたりすればいいのに。

 何もやらずに腐ってゆこうとするのすら難しい。何もやらないというのは難しい。変にやる気を起こしたり、快楽や感情を求めて動いてしまう。あぁでも音楽聞いてトリップするんはやめられねえぜぇ、やめないぜぇ。

 自己放棄で死んだ人間を見て、生きねばと思うか?死のうと思うだろうね、今と変わらない。何も変わらない。吐き気を催すだけ無駄。死んだらどうなるのか考えれば生きるか死ぬかどうか自明。でも僕は死ねない。苦しみは嫌だし、なんだか未練があるような。未練。何がつかえているのだろうか。死ねば無、そうとも割り切れない。理性の敗北だ。いや、未だかつて己の行動において理性の本能を上回ることがあっただろうか...いや、割とあったわ。あったわー.........。割り切れない。言い切れない。曖昧。嫌だねぇ、本当に嫌だねぇ。この国が嫌なら国外に行けばいい。この世が嫌なら、あの世に行くしかない。いや大差、ある。あぁ割り切れない。ウジウジとのぼぉーぅと日暮。あぁ不幸だ不幸だ。あぁ苦痛でしかない。

「割り切れないなら、ずっとそのままですよ」

 もっともだぁ。もっともなんだ。

 「死にたいなら、今すぐ死ねば良いじゃないか」

 全く持ってそのとおりなんです。人を不快にするこの優柔不断は黙ってすぐ失せればいい。そうすればミステリアスの極み、泣く気も失せるってもんだ。

 でも、割り切れない。割り切れない、割り切れない。

 

やわやわ

 少し悪口のような意味の自分に対するよくわからないネガティブな言葉をかけられるだけですべてのトラウマが引き起こされるレベルのやわやわマインド。そしてすぐ死に方を考え始める。

 ウスバカゲロウの羽ほどに柔らかい。

 人とただ暮らすだけで幾枚も割れてゆく。

 大したことないと思う。笑い話にでもしてくれ。笑い話にしたいんだ。頼むよ。人に自分の弱さを開け放てるだけの強さがほしい。 

 完璧になれば誰からも非難されないなんて幻想。ファッキンシット幻想。意味のない表現が襲う。意味のない冗談に傷つく。思い込みに気が狂う。自傷行為だ、一人芝居だ。でも、誰がそうと割り切れようか。どうしてきみはそう強く生きられるんだアァ。

 今まで一番なるまいと思っていた妙なこだわりを持つ人間と完璧主義者が、いつの間にか自分自身のこととなっていた。

 笑うしかない。

 くそが。

 草草草草草草

 大草原

 モンゴル行きたい。

 僕はクズなのか?自分ではそう思う。他人にそう言われたことはない。どうして僕はクズとなるのだろうか?他者評価?相対的に決まるのか絶対的なのか。クズと決まって何がどうなるのか。

 知らね。

 自分の殻を破れ、壁をぶちこわせ、ハードルを越えろ。なんで?ハードルにつまずき壁を前に心折れ己の殻に籠る。

 それでいいじゃないか。

 適当に生きて、さっさと死んじまおうぜ。

 国の存亡とか、ヒト科の堕落、神への冒涜とか、死んだら関係ないね。

 死後は誕生する前の状態になる。わたしという記憶と生命の繋がりが断たれた状態、わたしという存在が物理的にも失われた状態になる。それだけ、と言ってしまえば、それだけのこと。

 僕はそれだけの存在。たった、これだけ。七十億分の一、四六億年分の二十、百三十億年分の二〇。

 先祖が努力して、苦労して築き上げたこの文明、コンクリートジャングル、首のへし折れた我々、僕のようなニート予備軍。

 英傑達は何を思い思い死んだか?

 未来への期待、希望、そして悔い。

 存在の失せることのなんと有情なことか。

 期待したほどでもなく、悔いるまでもない恐ろしく変化しない世界の、変わりゆく社会の中に、僕はいる。

消えてしまうもののために

 美しいものを見ると心が洗われる。ただただ美しいものを眺め、情動を楽しむ。強く求めてはいけない。注目は全体を遠ざけ、美しさへの執着は空の心を生む。見てはいけない。

 ちっぽけな自分は存在し、美しく思え、目が離せないでいる。未開な何か、透き通るものが体を満たす。何も、はっきりしたもの、大きな転換などない。だが、それでよいのだ。このひとときの感傷のために、生きる。やがて失せる自分という存在、そのために。

 

そんなわけがあるか。腹は満たされない…

気のせいだろうか?

 こんなにも僕は情緒不安定であったろうか?

 週の初めには可能性に満ちた顔を世界に見せ陽気に自発的な会話をしていたはずだが、今や地の底で這いつくばる気持ちだ。誰とも接したくなくなる。