山林竹田更良記

思いつきを。

うだうだと書いた文

  なぜ発達障害を持ったまま生きねばならないのか。キレそう。何に怒ればいいのかわからないけれど。というかもはやどうでもいいんだけれど。

  神によって理由が与えられれば良いのだけれど、どうも私にはメジャーな神は見えないし感じれられない。依存するものがあれば良いのだけれど、怖くてできない。依存している人は弱い人だと思っている。依存には金がかかる。依存にはなかなか気づけない、抜け出せない。既存の人脈が失われる。そんなことを考えながらうだうだと全て失いかけている。