山林竹田更良記

思いつきを。

扉の向こうには、小人の国が広がっている。

小さな扉は、小人の国へつながっている。

「この扉は何なんだい?」僕は聞いた。

「小人の国につながっています。鍵穴から見えますよ」とジャン・ピエールは答えた。

どら。僕は屈んで覗き込もうとした。すると

「マッテ!メガネを外しなさい」とジャンピエがShoutしたのだが、悲しいかな私の視力は0.012、何も見えないのだ。

「そうしたら何も見えないよ」というと、ジャンピエは両手でThumbs upして

「安心して!その穴は直径1.2mm、ピンホール効果が期待できる!」といったので覗き込んだ。すると向こうに何か有機的な物体が見える。目だった。あっちからも見ていた。びっくりしたもんで瞬時に筋肉が緊張し、後ろにいたジョンピエに頭突きをかましてしまった。ジョンピエは後ろに倒れ込み、ズズドンと周りの配管に雷鳴のような音が反響した。「イッテー。もうコリゴリだ」とジャンピエは言った。それに構わず僕はもう一度覗いた。すると小人がいた。お、いるじゃん!ノブを回して奥へ行こうとすると、ジャンピエが

「メガネを外しなさい」と言った。メガネをかけるな、ということだろう。あまり気にせず、ノブを回した。すると急にほっぺを手のひらでサンドイッチされ、顔面をジョンピエに向けさせられた。

「その偏見を無くしなさい」

ジャンピエが真面目な顔で言った。

「私は確かに西洋人の顔、西洋的な名前だ。しかし、だからといって日本語が話せないわけじゃあない。アイ、キャントスピークイングリッシュ!」でもそれは無理な話だ。

「悲しいかな、もう刷り込まれてしまっているのだよ、ジャンピエよ。常に理性で刷り込みを上回らなければならない。ただ純白は美しい、夕日は美しい、これらにおいてはきっと脳の奥底からきているのだよ」

「じゃあ差別はなくならないの?」と涙とともにジャンピエは言った。知らないね。自分で考えろい。

「アァでもconscienceはconscious、良心は意識的に行なわれるのですよね!」

「ヘヘッ、こいつ、適当言いやがる、ヒッ!」ドアの向こうの小人が言った。

「そんじゃVirtueはVirtualだな!」僕は言った。

「中身が同じとは限らないぞい、ヒーッ!」

一理ある。